賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2018.06.12
staff

はやぶさ2

  こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

  2014年末に地球を旅たった探査機「はやぶさ2」が、今月下旬
 
  にも目的地の小惑星リュウグウに到達するそうです。

  リュウグウは、火星と地球の間にあって、長径約900mのほぼ

  球形で、生命のもととなる有機物や水を含んだ鉱物などが豊富な
 
  「C型小惑星」とみられている。

  初代はやぶさがむかった小惑星イトカワは、岩石質で有機物は

  ほとんどないとみられる「S型」だった。

  リュウグウの自転の向きなどは依然として不明で、どんな姿を

  しているのかわかっていない。

  リュウグウの裏側は、太陽の光や高エネルギ-の宇宙線の影響

  を受けず、風化していないため、太陽系初期の状態のままの

  物質が多く残っているとみられている。

  有機物は、熱に弱く、比較的温度が低くても変化しやすい。

  風化の影響が小さいものを採取して、地球にどのように

  有機物がもたされたのか明らかになるそうです。

  有機物は、生命のもととなる物質です。

  はやぶさ2 がんばれ。

  

  

OTHER CONTENTS