賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2020.05.03
staff

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。連休の初日の日曜日・・・午前中は何かと家の中でやることがあり、落ち着いてブログをしている時間が午前中に取れず、今、日曜の夕方の束の間というところ・・・

休日の「日曜の朝に」なので、本題の建築の話となるわけで・・・

それでは参りましょうか・・・

栃木県・いよいよ日光へと来ております。まずは東照宮の国宝建築物から、

東照宮、このブログご覧の方は一度ならず訪れた方は多いでしょう、私も何度も来ておりますが何度来ても新鮮な気持ちで楽しく見ることのできる建築群・・・私は素敵な場所だと・・・建築関係の方はこの豪華絢爛な建築群に拒絶反応を起こす方もいるのでは・・・

かつてドイツの建築家ブルーノタウトが京都桂離宮〇、日光東照宮×といって以来、どうもその流れが建築関係にはあり・・・少し斜めに見られた感があるのかと・・・

建築には目的・求めれられるものが建物それぞれ違ってくるので形や意匠が違ってくるのは当然なので、どっちが良い悪いはないわけで・・・

桂離宮と東照宮は同じ時代建築物なので実は当時の建築した方・関係者は同じ人が携わっているのも多いのです・・・どっちも当時一流方々による建築物・・・重複するのは当然のことかと・・・

説明長くなりましたが、まずは東照宮へ参拝順路を歩きまず最初に遭遇する国宝建築物・陽明門。まずそこから話を

日光東照宮 陽明門

日光一番のスターともいえるかもしれません、メイン建物の社殿よりインパクトがあるからでしょうか・・・私も小学6年生の修学旅行で初めて訪れたときに一番記憶に残っています。このあまりにも有名な門、当たり前のことを言っても・・・

と言うことで何を話すかは次回お楽しみに・・・

それではこの辺で失礼いたします。よい日曜日をお過ごしください。

 

OTHER CONTENTS