賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2017.10.19
staff

恐竜に羽毛があった

こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

羽毛が生えた恐竜

恐竜の体は、現在のトカゲ、ヘビのように、

うろこに覆われていたと考える人が多かった。

しかし、鳥と恐竜の両方の特徴を持つ始祖鳥「最古の鳥の

仲間とされるジュラ紀後期の動物」化石や、羽毛恐竜の

相次ぐ発見で、すでに恐竜の段階で羽毛を持っていたことが

わかったという。

シノサウロプテリクス「白亜紀中期の琥珀の中に閉じ込められた

恐竜とみられる動物の尾の一部に羽毛があった」の羽毛の化石

には、色の成分の跡も残っていた。

「全体はオレンジ色で、長い尾には白いしま模様があった、

皮膚や羽毛は柔らかくて化石になりにくいから、

恐竜の色はわからないことがほとんど。

色がわかるのは、珍しい。

また、肉食恐竜ティラノサウルスにも羽毛があった。

しかし、体が大きいと体温が上がりやすい。

羽毛で覆われていると、暑くなりすぎて死んでしまう。

白亜紀後期に全長10mを越す程大型になった、

羽毛を少しずつ減らしたと考えられています。

ティラノザウルスなどの恐竜は6600万年前に絶滅したが、

小型の羽毛恐竜の一部が進化した鳥の仲間は現在も生き続けている。

あの鳥は、恐竜でした。

OTHER CONTENTS