賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2017.03.13
staff

地熱発電

こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

日本は、火山大国で、総発電量に占める地熱発電の割合は0.3%ですが、

2030年の割合はとても低く1%程度だそうです。

一方で政府は、温室効果ガスの排出量を「50年までに80%減」とする

目標を定めています。この目標を達成するためには、ほぼ全ての電力を、

風力、地熱などの再生可能エネルギ-と、原子力発電でまかなう必要が

あります。その中でも安全、で環境にやさしい地熱発電が必要です。

現在の地熱発電は、地下2から3キロメートルに対して、北街道、東北地方に

50箇所ある古い火山の地下に存在する、超臨界水「4から5キロメートル」は、

日本の地熱発電の計52万キロワットの20倍以上に相当する

熱資源があるそうです。

現在地熱発電 200から250度で超臨海水は、高温、高圧で

400から500度だそうです。

これにより、過酷な環境に耐えれる材料の開発、次世代の発電技術として、

経済効果も見込めるそうです。

OTHER CONTENTS