賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2017.02.19
staff

日曜の朝に

おはようございます。設計担当の高橋です。

快晴の日曜の朝、気持ちの良い青空が広がっています。ただし北風が強くまた冬の日曜日となりました。今日は暖かくしてお出かけを・・・

皆さん金星=宵の明星見ました?月の次に明るい星・マイナス4等星の輝き、まだ見てな人、今日も輝いています、感じてください。先週はこの話をしたので、今日はまた元に戻し喜多院の話を・・・

今日は喜多院の慈眼堂をご紹介。

喜多院慈眼堂正面

喜多院慈眼堂正面

このお堂、本堂の横、小高いところにそのお堂があります。このお堂古墳の上に建っているとのこと歴史が重なっているのです。このお堂3間四方の小さいお堂ですが品ぼある建物です。慈眼堂ということなので中には当然ながら慈眼大師天海の木造が収められています。

喜多院慈眼堂内天海僧正木像

喜多院慈眼堂内天海僧正木像

天海僧正が亡くなり徳川家光公の命により正保2年(1645)に建立されたお堂です。天海僧正のお寺である喜多院にとって重要なお堂になります。本堂参拝だけだと見逃してしまうかもしれませんのでご注意を!

今日はこの辺で失礼いたします。よい日曜日をお過ごしください。

 

OTHER CONTENTS