賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2021.08.15
staff

日曜の朝に

おはようございます設計担当の高橋です。

8月15日・日曜日の朝、久しぶりのドンピシャの登場です。(外はドシャ降り)今日で夏季休暇も最終日、明日から通常業務となります。

ということで、日曜日の休日は久しぶりです。建築巡りも6月13日以来!栃木県を巡っているところ・・・栃木県も終盤というところそろそろ茨城県か・・・

というところ今日巡るところは真岡市高田にあります「専修寺」を・・・

こちら江戸時代中期のお堂・御影堂・如来堂・楼門・総門が国指定重要文化財建造物となっております。このお堂は浄土真宗の親鸞さんが建て、ここで布教活動をした場所なので歴史的にも重要なところ・・・

まずメインになる建物:御影堂と如来堂の写真を

真岡市高田 専修寺 御影堂(文化庁HPより)
真岡市高田 専修寺 如来堂(文化庁HPより)

御影堂は江戸時代中期:寛保3年(1743)建立、間口23.71m奥行20.07mの大きなお堂。

如来堂が元禄14年(1701)建立、間口10.03m奥行10.04mと、親鸞さんのお堂御影堂が、阿弥陀様お堂如来堂より大きいのは浄土真宗寺院の特徴ですが、配置が古い形式で横並びではなく90度振れているのが珍しいのです。

広い境内で古(いにしえ)の雰囲気が残る良いところです。前回巡った地蔵院本堂とも近いので機会があればこちらも一緒に

それでは今日はこの辺で失礼いたします。よい日曜日をお過ごしください。

OTHER CONTENTS