賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2020.01.29
staff

省エネ型生物生き残る

こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

白亜紀 大量絶滅 約6600万年前に巨大隕石が落下し、地球を

支配していた恐竜は、絶滅した。

一方、哺乳類や鳥類、ワニやカメなどの爬虫類は、絶滅を免れた。

カリブ海にあたる地域の浅い海に落下した直径約10KMの隕石は、

粉々になって地表の破片と共に巻き上げられ、大気圏に層をつくった。

太陽光線が遮られて気温は、28度も下がり、食物が光合成ができない

状態が約2年も続いた。

哺乳類、小型化した動物等は、絶滅せずに生存ができた。

省エネ型生物が生き残れた。

現在、気候変動が起きている中で、地球の温暖化等

で省エネが求められいる。過去の事例を見れば、

省エネ型化した人間は、生き残れると思います。

 

OTHER CONTENTS