賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2018.07.11
staff

日本人の祖先

こんにちは、住宅事業部の滝澤です。

DNA研究が飛躍的に進んで遺伝情報「ゲノム」が、解説され、

平成時代での発展は、未来を展望するようになりました。

日本人の祖先について、遺跡で出土した縄文人の骨をDNAで

調べることで祖先がより明らかになりました。

遺跡は、福島県北部の三貫地貝塚で、縄文人が100体以上

も出土したそうです.

その 縄文人の骨のDNAを採取したそうです。

アジアや南米など様々な民族と比較した結果、三貫地貝塚の

縄文人は、太古にアフリカからアジアへ渡った人々から2万年から

4万年前に分かれた集団の子孫と判明したそうです。

縄文人は、北東アジアや東南アジアの人々に近いと考えられていたが、

見直しが必要だそうです。

また、DNAにより、出雲弁と東北弁が似ていることは、昔から知られていた。

出雲出身者からDNAを調べたところ、東北の人と似ている可能性が

高いことが分かった。

日本人の祖先は、縄文時代までに列島に来た狩猟民と、弥生時代以降

渡米した稲作民が考えられてきた。この二つに加え、縄文後期から晩期

に渡ってきた集団を想定。この集団が出雲や東北へ移ったとみられるそうです。

平成時代のDNAの発展は、すばらしい研究と思いました。

OTHER CONTENTS