賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2018.07.05
staff

スピルカ

こんにちは。

住宅事業部山﨑です。

室内と外の温度差に悩まされている今日この頃です。

 

先日、清瀬市にある現場の近くでこんなものをみつけました。

SAMSUNG

そう、スピルカです。

ご存知の方も多いかと思いますが、実はこれカルピスのポスターなんです。僕も実際に見るのは初めてでしたが、以前叔父から子供のときに見て怖かったと聞いていました。

たしかに不気味です。(笑)

少しカルピスのデザインについて調べてみました。

この怖い人ですが、1923年(大正12年)に採用されました。第一次世界大戦により困窮していた美術家を救う為に独、仏、伊の三国で懸賞募集を行ない、独のオットー・デュンゲルスビューラーさんの作品が選ばれました。

しかし、人種差別を連想させるとして1990年にその役目を終えました。

現在、カルピスと言えば白地に青色のかわいらしい水玉模様をイメージすると思いますが、昔は逆で青地に白色の水玉模様だったんです。これは創業者の三島海雲がモンゴルで見た美しい天の川がモチーフだそうです。

草間彌生の作品ではなかったんですね。(笑)

以上カルピスのおはなしでした。

お読みいただき、ありがとうございました。

OTHER CONTENTS