賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2012.01.17
staff

東京礫層

現場の地下約20mから出てきた石ころ達です。
東京礫層と呼ばれる地層の石で、一般的な高層ビルはこの地層を支持地盤としているようです。場所によってその深さは異なり、新宿のあたりはこれが比較的浅い場所にあるため、高層ビルが建ちやすい地形だったそうです。
かの東京タワーもこの支持層の上に建っているそうですよ。

ちなみにこの石ころが入っている黄色いバケツのようなものはプランジャーと呼ばれるもので、杭の造成に欠かせないとても重要なアイテムなのです。
詳しい解説はいずれ。

OTHER CONTENTS