賃貸ビル・マンション建築・修繕 小河原建設の非木造事業

ブログ BLOG

2021.11.08
staff

住宅事業部の李です。

最近、昼間と夜間の温度差大きいですね。

今朝若干厚着で家を出かけましたが、昼間はちょっとした動きで汗をかくほどの厚さでした。季節の変わり目には同然のとこですが、突然血管のことが気になりました。

この時期は気温差、気圧差による血管の収縮膨張関が頻繁に起きるでしょうね。

血管疾患のことが気になる年齢ではないと思いたいですが、少し良い情報になるように血管疾患の予防法を調べてみました。

  1. タバコは同然やめること。
  2. 毎日30分以上適切な運動をやる。
  3. カリウムの多い食品を食べる⇒過剰な塩分摂取による血管の損傷を予防してくれる。

1と2は誰もが分かることなので、3番だけ考えると。

  • 果物: バナナが最も多く、なつみかん、メロンなどが続きます。
  • 野菜・いも類は全体的に多く、特に里芋が一番多く含みます。
  • 肉・魚すべて比較的多く含まれます。
  • 海藻類などとろろ昆布、干しひじき、納豆
  • 調味料黒砂糖、だし
  • 乳製品牛乳
  • お菓子スィートポテト、あんみつ

以上の食品がカリウムの多いと言われています。

カリウムの多い食品をたくさん食べて血管健康を保ちましょう。

OTHER CONTENTS