家守(やもり)来る家

第一種低層住居専用用地に建つ3階建て住宅なので道路斜線・高度斜線の影響を大きく受けます。そこに1階の窓に木質感のある引分け建具を用いて個性を持たせしかも昼と夜、違う表情を作ります。アプローチも道路正面に玄関を配置せず、アプローチを長くとり住まいの側面から中に入るようにして、同線の良い住まいとしました。

2階LDK
南面に大きな窓を設けその明るさがシラス壁によりやわらかな明るさになり奥まで伝わる室内、そこに吹抜けになっている階段を設け上下階のつながりを持たせています。
日光杉無垢フローリングの優しい床、畳のきな窓を設けその明るさがシラス壁によりやわらかな明るさになり奥まで伝わる室内、そこに吹抜けになっている階段を設け上下階のつながりを持たせています。

日光杉無垢フローリングの優しい床、畳の小上がりがダイニングテーブルの椅子にも収納にも、キッチンカウンター立ち上がりにも飾り棚、階段室と木格子、3階への階段など個性のあるリビングダイニング。

キッチンから明るいリビングが見渡せます。

リビングコーナーはテレビ映像鑑賞にも、ワークスペースにも、バルコニーは奥行きが深くリビングと合わせてテラスとして楽しめます。半分以上天井があるので夏の日差しや洗濯干しにも対応。

格子で支える、3階へのストリップ階段

斜線の影響を受ける3階は小屋組を見せる勾配天井で室内の高さを確保します。

勾配天井の低いところを階段途中の収納として空間を有効利用します。

斜線の厳しい第一種低層住居専用地域の3階建てになると天井高さを抑えた1階の部屋となります。

日光杉の無垢フローリングの床、木質感のある建具、シラス壁(塗り壁)による優しい温かみある個性的な玄関

上に戻る

〒164-0011 東京都中野区中央5-4-24
TEL:03-3384-0375 FAX:03-3384-0304

0120-81-0586はい!オガワラ

「決して派手では無いけれど、生まれ育った場所で、健康で豊かなこれからの暮らしと趣味を楽しみたい」と願っている、“本物の価値がわかる大人たち”のために、中野で半世紀以上培ってきた知識と経験を有する技術者集団が、 直接お客様の要望を丁寧に汲み取り、自然の光と風を取り込んだ、都心の中でも木の香りに包まれる、きれいな空気のやすらぎの空間を提供し、建てた後もずっとお客様と寄り添って行くことを使命としている住宅会社です。